理系院卒の苦悩

理系院卒の苦悩

大手メーカーに就職した低学歴の苦悩の日々を綴ります

大手内定者を馬鹿にするベンチャー大好きおじさん

f:id:nitoriyuka:20180504165642j:plain

こんにちは、Reeです。

 

就活の時期になると湧いてくるのがベンチャー大好きおじさんです。

このおじさんは当然ベンチャー企業出身で、SNSを駆使して自身の輝かしい実績と能力の高さを毎日アピールしています。そして決まって、

 

『大手にいたらこんな大きな仕事はできなかった!』

『大企業は仕事が遅い!』

『あいつらは言われたことしか出来ない無能だ!就活生騙されるな!』

 

と声高に主張します。このような発言は無駄に意識高い就活生に人気で、たちまち拡散されます。そうして拡散されたベンチャー企業マンセー発言を鵜呑みにし、ベンチャー>>>大手という認識を持った無能学生が量産されます。

安易にベンチャーを勧める大人を信用するな

僕の内定先は大手メーカーです。就活を経験した人なら一度は聞いたことがある会社だと思います。世界中にグループ会社があり、めちゃくちゃ規模がデカいです。そんな大手企業の就活、簡単だと思いますか?無能でも入れると思いますか?

 

みなさんは学歴フィルターという言葉をご存知でしょうか。これは基準以下の大学だとエントリーどころか説明会すら参加できない、学歴社会を象徴するシステムです。僕の内定先も学歴フィルターがかけられているのでしょう、内定者は旧帝大早慶がほとんどです(主張がブレちゃうので低学歴の僕が内定を貰えたのは一旦忘れてください)。

高学歴=有能というわけではありませんが、少なくとも受験競争を勝ち抜いた地頭の良さはあるでしょう。 

 ベンチャー内定者は本当に有能?

修士1年の時、大手とベンチャーどっちが自分に合っているか確かめるために、とあるベンチャー企業インターンに参加しました。そこで感じたのは周囲の学生のレベルの低さです。

 

5daysの短期インターンだったので集まった学生の層が薄かった可能性もありますが、グループワークがまともに進行しません。課題をまともに理解せず、思いつきの意見を喋るのみ。軌道修正しようにも、グループメンバー全員がそんな感じなのでまともな議論になりません。

 

このような、まともに議論ができない学生が多数インターンに参加している時点で、ベンチャー企業内定者のレベルもたかが知れてるでしょう。正直なところ、

 

大手内定者の質>>>ベンチャー内定者の質

 

だと思います。なのでSNSでイキっているベンチャーおじさんは、レベルの低い環境の中で勝ち上がったに過ぎません。だって考えてみてください。入社3年目で部長になりました!とかどう考えても怪しすぎませんか?

最後に

福利厚生の観点から見ても、安易にベンチャー企業を進める気になりません。

もちろん、自分で考えてベンチャー企業に就職するなら何も問題ありませんが、思考停止でベンチャー大好きおじさんの言葉を鵜呑みにするのはやめましょう。誰も責任をとってくれませんよ。

 

これから働くならこれからの会社でしょ―――日本の未来を切り拓くベンチャーの発想力
 

 

【ブログ】危険物取扱者甲種を取得しようと思う

f:id:nitoriyuka:20180716232315p:plain

こんにちは、Reeです。

 

自己研鑽として危険物取扱者甲種を取得しようと考えています。

 

特に業務で必要というわけではないのですが、まだ業務が忙しくない今のうちに、使えそうな資格はドンドン取得しておこうという考えです。

 

 

調べてみると、危険物甲種はとにかく暗記量が多く、資格取得に必要な勉強時間はおよそ4ヶ月~6ヶ月らしいです(根拠不明)。最低でも1日30分は勉強時間を確保したいですが、現在、業務に関わる勉強に1時間英語(TOEIC対策)の勉強に1時間使ってるので、そこからさらに30分確保するとなると中々厳しいものがあります(´・ω・`)

 

 

一度、一日のスキマ時間を書き出して、どのくらい勉強時間を確保できるか把握する必要がありそうです。

 

 

効率よく勉強して自己成長していきます!・ω・ 

わかりやすい! 甲種危険物取扱者試験 (国家・資格試験シリーズ103)

わかりやすい! 甲種危険物取扱者試験 (国家・資格試験シリーズ103)

 

 

大手メーカーの新入社員研修の実態

f:id:nitoriyuka:20180714003603p:plain

こんにちは、Reeです。

 

弊社の研修には、事務系と技術系が一緒に行う導入研修(1ヶ月)と技術系だけが行う工場研修(1ヶ月)があります。導入研修は会社が保有している研修センターで行われ、工場研修は全国の各工場で行われます。

 

就活を終えた学生、また就活中の学生の参考になればと思い、大手メーカーの新入社員研修の内容を書き残そうと思います。

大手メーカーにおける新入社員研修の目的

最低限のスキルの習得

新入社員のほとんどは社会人の経験がありません。当然、社会人として身につけておくべきマナーや知識もほとんど知らないです。

 

会社に入ると、お客さまや取引先の方々など、多くの人たちと接することになります。相手に失礼のないよう、また、会社のイメージダウンにならないよう、社会人に必要とされる最低限のスキルを習得させます。

社会人としての自覚を持たせる

学生気分が抜けていない新入社員は多いです。実際、僕もその中のに1人でした。

長い研修を通して新入社員の意識を変えて(≒洗脳)、立派な社会人になってもらうのが一番の目的といってもいいでしょう。

横のつながりを作る

社内に同じような立場の人間がいるというのは、心強いものです。新卒であれば、同期はほぼ同年代。学校でいえばクラスメイトのようなものですから、先輩社員にはいいづらいことでも、同期であれば話しやすいこともありますし、悩みを共有できるといったこともあるでしょう。

 

また、異なる部署間での情報交換や連携ができることもあります。研修は、新入社員が同期同士でコミュニケーションをとり、横のつながりを作ることができる場でもあるのです。

カリキュラム①:導入研修

1ヶ月の導入研修ですが、ざっくりとしたスケジュールは以下の通りです。

 

第一週目:座学

第二週目:グループワーク

第三週目:ビジネスマナー

第四週目:英語研修

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

第一週目:座学

最初の一週間は社長や役員のありがたいお話をひたすら聞きます。

朝9時から夕方17時までひたすらです。

 

お偉いさんの話は決まって長くつまらないものです。当然睡魔が襲っていきます。もちろん社会人なので寝ることは許されませんが、僕は耐えられずにいつも寝てました。ごめんなさい。

第二週目:グループワーク

 二週目はグループワークです。インターンでは定番の課題解決型ワークをやりました。この時のメンバーは東大、京大、東工大、東北大、阪大、早稲田、そして僕です。学歴コンプなら発狂して泡を吹きながら倒れるでしょう。

 

「高学歴でも無能なやつはいる」という意見を耳にしたことはありませんか?確かに高学歴でも無能なやつはいるでしょう。しかし大手メーカーに入社してくる高学歴は控えめに言っても有能です。

 

グループワークの課題が発表されるやいなや、司会進行、書記、タイムキーパーが決まります。そして華麗な司会進行のもと、湯水のごとくアイデアが生み出され、活発な議論が行われます。

 

課題自体ろくに理解できていない僕には何が起きてるのかさっぱりわかりません。みんなが提案している解決案が本当に妥当なのか理解する前に議論が終わります。当然、何も発言していません。

 

普通の人ならここで奮闘し、何とか周りに食らいついていくのでしょう。ただ僕は違います。『有能マンが勝手にやってくれる!何もしなくていい!最高!!』という発想になります。そしてただ相づちを打つだけのマシーンになります。これが低学歴の処世術です。文句を言うなら僕を採用した人事に言ってください。

第三週目:ビジネスマナー

三週目はビジネスマナー講習です。名刺交換、電話対応、ビジネス文章の書き方など基本的なことを学びます。特別なことは何もないので割愛します。

第四週目:英語研修

ラスト四週目は英語研修です。ネイティブ講師を招きTOEIC対策&英会話の実践を行います。TOEIC対策は個々のレベルに応じてクラス分けされるのでまだ何とかなるのですが、英会話は何故かランダムにクラス分けされました。そして帰国子女の英語ペラペラマン達と一緒に授業を受けることになりました。

 

英会話の授業は英語ペラペラマンを基準に行われるため、講師が何を言ってるのか全く理解できません。常に2倍速で話しかけられてる感じです。

 

ときどき講師に質問されるのですが、何も答えられずただヘラヘラするしかありません。その時の講師の不満そうな顔、同期の冷ややかな目、思い出すだけで涙が出てきます。低学歴イジメとして訴えようと真剣に悩んだ1週間でした。

カリキュラム②:工場研修

導入研修を終えると、技術系だけ工場研修に行きます。研修先の工場は、自分の専攻や配属希望とは無関係で完全ランダムで選ばれます。なので専門外の全く興味のない工場で研修しなきゃいけない人もいます。

 三交代勤務の体験

工場研修の目的は現場を知ることです。現場を知るとは日々の生産を支える三交代勤務の働きを理解し、そして同じ三交代勤務で働くことで、その厳しさを体験することです。

 

三交代勤務とは朝勤、昼勤、夜勤の三つの勤務時間を1サイクルとして回していく勤務形態です。生産の現場では24時間装置が動き続けており、途中で生産を止めることが出来ないので、このような勤務形態が採用されています。

 

三交替勤務の体験と聞くと、力仕事や危険な作業をさせられると思われがちですが、非力な新入社員に怪我でもされたら会社の信用問題に関わるので、基本的には雑用しか任されません。

 

はっきり言って超暇です。もう一回言います。超暇です。 

 

僕が配属された工場は1階に生産ライン、2階にデスクワークスペースという構造だったので、デスクワークするフリをして2階でずっと寝てました

 

生産ラインのおっちゃん達は通常業務に追われているので、わざわざ2階に上がってきて実習生が起きてるか確認しません。絶対にバレないのです

 

こんなユルイわけない!嘘だ!と思うでしょ?本当なんです。

まとめ

大手メーカーの新入社員研修は導入研修と工場研修の2つあります。

導入研修では座学、グループワーク、ビジネスマナー、英語研修が行われます。

工場研修は超暇で簡単にサボることが出来ます。

 

入社を控え、新入社員研修に不安を抱いている学生は多いと思います。

しかし、実態は至って平凡です。恐れることはありません。

 

新入社員研修に成功する100のツボ

新入社員研修に成功する100のツボ

 
入社1年目ビジネスマナーの教科書

入社1年目ビジネスマナーの教科書